【感想・ネタバレ】青の数学 作:王城夕紀

スポンサーリンク
タグ(大)

その数式(まほう)が、君の青春を変える。

文庫本裏の最初の2行です。

青の数学は「数式」を題材にした青春小説です。

数学+高校生というジャンルは初めて購入しました。

表紙が魅力的で読んでみたいと思ったのがきっかけです。

内容はすごく数学、数学、数学しているので公式や数学用語が頻繁に出てきますが特に数学に詳しくなくとも問題ないと思います。

あくまで、数学を題材にした青春モノです。

以下、ネタバレ含みます。

登場人物

・栢山(かやま)・・・主人公、高校生1年。数学バカ、数字を記憶出来る能力と異常な集中力を持つ
・京香凛(かなどめかりん)・・・数学オリンピック2年連続金メダル、物語序章で栢山と出会う。
・柊キフユ・・・少年時代の栢山の数学の先生。栢山が数学に興味を抱くきっかけの人物
・十河(そごう)・・・キフユの弟子?九十九書房代理店長。無愛想。高校生になった栢山に数学を教える。
・東風谷(こちたに)・・・栢山の友人、山岳部。
・蓼丸(たでまる)・・・栢山の友人、生徒会
・柴崎・・・薙刀部、栢山のクラスメイト、栢山に数学を教わる。元陸上部。
・七加(ななか)・・・栢山を数学研究会に勧誘する、生徒会など幅広く行動。

その他、他校の数学部などたくさんの登場人物がいます。

ストーリー

主人公、栢山が高校に進学したのを機に、本格的に「数学」について向き合っていく。

「数学とはなにか?」

これまでただ、楽しく数学を楽しんでいた栢山に「数学」に対しての向き合い方、考え方。

それぞれにカルチャーショックを受け、悩み、乗り越えていく話。

数学に関わっていくなかで、人間にも関わっていくため様々な事を考えるようになる栢山。

ネット上での数学勝負「E2」を舞台に実力を上げていく栢山、その展開を1部とし、数学の強者が集まる夏合宿での様子を2部とした1冊です。

「青の数学」を読みを終えた感想(ネタバレ含)

数学を題材にしている点は物珍しく、すごく面白かった。

自分自身は商業高校出身で作中に出てくる数学の範囲は全てといっていいくらい習っていない。

しかし、面白い。

数学をこういう風に考えてる人がいるのかと思う驚きはハンパじゃ無かったです。

題材が数学だとしても、内容は青春モノそのものです。

高校生らしい、悩み、人間関係、自己承認欲求、自分のアイデンティティの崩壊、再構築。

作中では「数学とはなにか?」

が何度も出てきいます。

立ち止まっては分からない、でも進めば分かる保証もない。

でもやるしかない。

主人公の栢山君には強さを感じました。

彼は、はたから見れば異常なくらいとにかく努力することに抵抗がまるでないからです。

その異常な努力すら本人は楽しくやっていると思っているところがすごいなぁと思いました。

1冊、飽きることなく通して読めました。

面白いですよ、青の数学!

続編も合わせて買っているので楽しみです!

それでは失礼致しますm(__)m

スポンサーリンク
タグ(大)
タグ(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする