【感想・ネタバレ】盲目的な恋と友情(文庫) 作:辻村深月

スポンサーリンク
タグ(大)

男女の、女友達の愛憎

タカラジェンヌの母をもつ一瀬蘭花(いちのせらんか)は自身の美貌に無自覚で、恋もまだ知らなかった。

だが、大学のオーケストラに指揮者として迎えられた茂美星近(しげみほしちか)が、彼女の人生を一変させる。

茂美との恋愛に溺れる蘭花だったが、やがて彼の裏切りを知る。

五年間の激しい恋の錠劇的な終焉。

蘭花の友人・留利絵(るりえ)の目からその歳月を見つめたとき、また別の真実が。

男女の、そして女友達の妄執を描き切る長編。

※ウラ表紙より抜粋

以下、ネタバレ含みます。

ストーリー

本作は2編構成になっており、前半「恋」、後半「友情」となっています。

前後半で同じ時間軸を視点を変えて語れていきます。

恋に溺れる女性を描く前半。

歪んだ友情を描く、後半。

そして、最後のどんでん返し。

「盲目的な恋と友情」を読みを終えた感想(ネタバレ含)

ハケンアニメ以来の辻村深月作品。

今回は実に辻村作品らしい感じでした。

つまりはドス黒い感じですw

まず感じたのは男性より女性が読んだ方が楽しめるかなと感じました。

どうも、男性では理解出来ない友人間の付き合い方があってただただ怖いなぁと思いました。

僕は後半の「友情」が特に印象に残りました。

後半の視点は蘭花の「友人」留利絵です。

ウラ表紙に「友人」と書かれていることが読み終えると泣けてきますw

留利絵はあまりルックスが良くない人物として描かれています。

それ故のコンプレックス、悩み、苦しさ。

誰かの一番になれない、自分を選んでくれない。

自己承認欲求が満たされていない留利絵は等身大の人間だと思いました。

ダメな恋人より後回しな自分、友人に尽くしていると思っているのにそこまでしていない他の友人の方を頼っていると分かってしまう。

留利絵の心の痛みは分かるような気がしました。

そして、留利絵の友情は「憎愛」に変わっていきます。

誰かに認められた、必要とされる。そのいった気持ちが満たされていないとこうなるのかもしれない、恐ろしいw

歪んだ友情の行き着く先。

最終20ページはどんでん返し。

辻村作品らしく、嫌な気分になりましたが面白かったです!!!

ほんとにハズレがないなぁと思いました!

それでは失礼致しますm(__)m