作者紹介&著書まとめ:初野晴 

初野晴のプロフィール

名前:初野晴(はつの せい)

生年:1973年生まれ

出身:静岡県

ジャンル:ミステリー

代表作「ハルチカ」シリーズは2016年にアニメ化、アニメがコミカライズ。2017年春に映画化。

※wikiより一部抜粋

スポンサーリンク

著書まとめ

「ハルチカシリーズ」
※シリーズすべて文庫化済、アニメカバー版もあり

『退出ゲーム』2008年10月発行 文庫化済

『初恋ソムリエ』2009年10月発行 文庫化済

『空想オルガン』2010年9月発行 文庫化済

『千年ジュリエット』2012年3月発行 文庫化済

『惑星カロン』2015年9月発行 文庫化済

『ひとり吹奏楽部~ハルチカ番外編~』2017年2月発行 文庫のみ、書き下ろし

 

「その他作品」 

『水の時計』2002年5月発行 文庫化済み

『漆黒の王子』2004年11月発行 文庫化済み

『1/2の騎士』2008年10月発行 文庫化済み

『トワイライト・ミュージアム』2009年3月発行 文庫化済み
※文庫化に際し「トワイライト博物館」に改題

『ノーマージン』2011年10月発行 文庫化済み
※文庫化に際し「わたしのノーマージン」に改題

『カマラとアマラの丘』2012年9月発行 文庫化済み
※文庫化に際し「向こう側の遊園」に改題

 

竜之介の作者・作品イメージ

ハルチカシリーズは全て読んでいます。

 

ユーモア溢れるセリフ、ほどよい謎解き、ほどよい吹奏楽要素、少し闇を抱えた幕引き。

読んでる最中、笑えて。

途中から謎解きでドキドキハラハラ。

読み終わった後、どんよりした読了感。

吹奏楽を題材にした青春ミステリーとしてかなり面白いです。

 

巻を重ねるごとに増える吹奏楽部員、消化される青春の日々。

 

青春もの、吹奏楽ものがいいなと改めて感じるシリーズです。

ハルチカシリーズ以外のものも機会があれば読んでみようと思います。

 

それでは失礼致しますm(__)m

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す