【感想・ネタバレ】女流棋士は三度殺される 作:はまだ語録

血塗れで倒れる天才将棋少女の影には、将棋界の大きな秘密が隠されていた・・・

かつて天才少年と呼ばれた松森香丞。

とある事件をきっかけにプロ棋士の道を諦めた彼は、高校の将棋部でひっそりと活動している。

ひと癖もふた癖もある幽霊部員たちに悩まされながら、文化祭の準備をしていたある日、幼馴染みの少女が血塗れで倒れているのを発見する。

彼女を襲った犯人を見つけるため、調査を始める香丞だったが、彼女の過去と将棋には大きな秘密があったのだった。

以下、ネタバレ含みます。

 

「女流棋士は三度殺される」の登場人物

■松森香丞(まつもり きょうすけ)・・・将棋の天才少年。プロ棋士は目指さず医者になることが夢。高校将棋名人で汪叡高校将棋部の部長。

■坂上桂花(さかうえ けいか)・・・プロ棋士を目指す美女。香丞の幼馴染みの一人。実家は病院。将棋部幽霊部員。

■玉輪歩己(たまわ あゆみ)・・・現役高校生女流棋士。アイドル的人気と女流棋士ナンバー1の実力者。香丞と桂花の幼馴染み。将棋部幽霊部員。

■竹歳牧野(たけとし まきの)・・・野球部エース。恵まれた体格、ナンパな性格。将棋部幽霊部員。香丞の同級生。

■新道瑞希(しんどう みずき)・・・後輩。生徒会所属。おしゃれでかわいい。将棋部幽霊部員。

■明城村雨(あきしろ むらさめ)・・・元野球部スラッガー。留年中。将棋部幽霊部員。

■明城信乃(あきしろ しの)・・・村雨の妹。兄と全然似ていない。後輩。将棋部幽霊部員。

■メアリ・マクファーレン・・・陸上部期待の星。桂花に懐いている。もちろん将棋部幽霊部員。

■相馬龍翔(そうま りゅうしょう)・・・プロ将棋界最強であり、現役高校生。長髪も似合う王子様キャラ

「女流棋士は三度殺される」のストーリー(ネタバレ含)

■第1章

時代は2033年。

将棋界ではAIの発達が著しく、将棋の価値観も変化、進化していた。

しかし、それでも人間同士の対局にはドラマがあり、正しさと面白さは別物だった。

かつて、将棋の天才少年と呼ばれた香丞は進学校である汪叡学園の将棋部の部長を努めていた。

同期、後輩はたくさんいるがほとんど幽霊部員。

文化祭も近づいて忙しい香丞。

今日も文化祭の準備をしていたが、昼のご飯時、学校の近くの定食屋に昼食を取りに行く。

そこで、現役最強の棋士であり同じ学校の先輩でもある相馬龍翔と蜂合わせる。

昼飯を終えて帰ってくると、部室で幼馴染みの歩己が頭から血を流して倒れていた。

■第2章

歩己のまるで死んでいるような様子を見るのは、香丞は初めてではなかった。

「一度目」の彼女の死は幼少期の事だった。

その事件の時、彼女は姿を消してしまって半年前に再会したばかりだった。

その彼女の「二度目」の死のような様子を見て、香丞は犯人探しを開始する。

最初に話を聞いたのは明城兄妹。

香丞が昼飯に行く前に部室を訪ねて来て、鍵を預けていたからだ。

兄妹は犯人を見ていたなかった。しかし、香丞は兄妹の想定外な秘密を知ることになった。

病院に運ばれた歩巳が目を覚ました。

■第3章

目を覚ました歩巳に聞いてもコケただけだと言い張られる。

休日が開けて月曜日、早くも歩巳の怪我の事がなぜか学校に知れていた。

クラスメイトや目撃情報を聞いていくと、病院に運ばれたはずの歩巳がなぜか何人もが目撃していた。

不思議に思う香丞。

明城兄妹の妹・信乃からメアリーが事件発生時刻に遭遇したと話を聞いて桂花を一緒にメアリーに話を聞きいく。

陸上部のグラウンドに行くと、メアリーは一目散に逃げてしまう。

なんとか部室に呼び出して話を聞くと、どうやら桂花が犯人と勘違いして逃げてしまったらしい。

メアリーの行動、証言を聞いて、いつはずのない歩巳のトリックは解決する。

キーワードは生徒会とVRだった。

将棋部の唯一の生徒会所属現場である部室の工作、いるはずのない歩巳のトリックを利用したのは新道だった。

そして、新道がそこまでする理由は相馬龍翔への恋心だった。

それでは、歩巳に危害を加えたのは・・・

■第4章

相馬が歩巳を襲った理由。

歩巳と相馬の秘密。

それらを賭けた香丞と相馬の試合の行方。

香丞は秘めた思いを伝える。

■エピローグ

事件の全容と、香丞の嘘。

人か機械か、好きか嫌いか、価値観や倫理観の変化。

歩巳の「三度目」の死とは。。。

「女流棋士は三度殺される」を読みを終えた感想

こういう文章は僕はすごく好きでした。

小説を読んでいて、芸人のトークを見ているみたいに笑えましたw

ストーリーにはたくさん「嘘」が散りばめられていて楽しめました。

香丞の大胆な告白は良かったです^_^

それでは失礼しますm(__)m

スポンサーリンク
タグ(大)