【感想・ネタバレ】君に恋するなんて、ありえないはずだった 作:筏田かつら

最底辺眼鏡男子×派手系美少女

千葉県南総にある県立高校に通う地味で冴えない男子・飯島靖貴は勉強合宿の夜に、クラスメイトの北岡恵麻が困っているところを助けた。

それから恵麻は、学校外でだけ靖貴に話しかけてくるようになった。

しかし靖貴は恵麻に苦手意識を持っていて、彼女がどうして自分を構うのかわからない。

地味系眼鏡男子と派手系ギャル。

絶対に相容れないはずの二人に起きる、すれ違いラブストーリー。

以下、ネタバレ含みます。

 

「君に恋するなんて、ありえないはずだった」の登場人物

■飯島靖貴(いいじま やすき)・・・主人公。高校3年生。クラスでは地味な眼鏡の少年。1年生の頃から恵麻に苦手意識がある。実は素顔はイケメン。天然ジゴロ。

■北岡恵麻(きたおか えま)・・・ヒロイン。靖貴と同じクラス。派手系の美少女で人気者。合宿以来、靖貴の魅力に惹かれつつある。

■斉藤克也(さいとう かつや)・・・靖貴の友人、クラスメイト。オタク系。夏休みに彼女出来る。

■磯貝久美子(いそがい くみこ)・・・恵麻の中学時代の同級生、友達。女子高に通う。靖貴と同じバンドが好きで意気投合する。靖貴の魅力に気付いている一人。

■木村普(きむら しん)・・・イケメン。恵麻の元カレの噂がある。楽器も弾ける。

■田村ななみ(たむら ななみ)・・・靖貴の中学時代からの同級生。靖貴と同じ郷地研クラブに所属。何気に文武両道。靖貴を気にかけてはくれている。

■北岡理彩(きたおか りさ)・・・恵麻の姉。恵麻と違っておっとりした人物。

「君に恋するなんて、ありえないはずだった」のストーリー(ネタバレ含)

地味系眼鏡男子である飯島靖貴は1年生の頃、自分の善意を素っ気なく突っぱねた派手系美少女の北岡恵麻に苦手意識を持っていた。

二人は3年生の文理コース選択で理系を選択したため、再び一緒なクラスになった。

とはいっても、二人がクラスで話すことは全然無かった。

夏、進学校である南総高校には勉強合宿が開催される。

多くの生徒が参加する合宿に二人も参加していた。

夜、ジャンケンで負けた人がコンビニに買い出しに行くというゲームで靖貴は見事に負ける。

買い出しの帰り、暗い夜道でうずくまっている恵麻を見つける。

苦手ではあるけど、放っておけない靖貴は彼女に2年ぶりに話しかける。

恵麻は履いていた靴が壊れてしまったのとマメで痛む足のせいで動けずにいた。

靖貴は恵麻に自分の靴を貸してやり、二人は合宿所まで戻る。

合宿所の玄関には恵麻の友達が心配して待っていた、空気を読んだ靖貴は運んであげた荷物をその場に置き、靴も返してもらうことなく自室に戻った。

恵麻が靖貴に惹かれるきっかけはこうして起きた。

靴を返したり、駅まで送ってもらったり、予備校帰りに一緒に帰ったりしながら恵麻は靖貴の隠れた魅力にドンドン気付いていく。

靖貴の方は、恵麻のような派手系の美少女が自分に妙に関わってくることに困惑しながら勘違いしないように努めていた。

お互いにちょっとずつ距離を詰めながら、けれど同級生と登場や元カレ?の登場など、お互いに焦らされる展開を迎える。

そして、お互いに自分の気持ちに認めるしかなかった。

靖貴は自分と恵麻とのキャラの差に、恵麻はいまいち分からない靖貴の心のせいで決定的な言葉を出せずにいた。

そんな二人の親密な関係も学校で知られることになり、特に靖貴には他者からのヤッカミや悪意にさらされていた。

それでも、そうゆうことには靖貴は耐えられた。

季節は冬、12月のクリスマス前。

靖貴はスマホを持っておらず、以前から恵麻になぜ持たないのかと言われた。

靖貴はついにスマホを購入する。

恵麻の反応が楽しみなのと、これでもっと恵麻と親密な関係になれるのではと期待していた靖貴。

恵麻はクラスメイトと教室で話していた。

恵麻の友達も靖貴との関係についてあれこれ詮索してきた。

友人たちの靖貴への侮辱に腹を立てながらも、友人の前では靖貴への好意を否定してしまう。

その話を廊下で聞いてしまった靖貴は恵麻への信用を失ってしまう。

せっかく買ったスマホは二人の関係と同じように、虚しくヒビが入ってしまった。

予備校の帰り、いつものように待合室には恵麻が座っていた。

靖貴は恵麻に声をかけず、一人で電車に乗り込み帰ってしまう。

残された恵麻を見て、心を痛めるも教室での会話は靖貴にとって大きすぎるキズを残した。

「君に恋するなんて、ありえないはずだった」を読みを終えた感想

今作は靖貴と恵麻の物語の前半部分なのでなんとも言えないところで一旦終わります。

展開は王道、キャラも王道なのですが二人の可愛らしさに夢中になれました。

「実はイケてる」という設定はやっぱり眼鏡男子だと映えますよね♪

早めに続きが出ることを祈りますm(__)m

それでは失礼しますm(__)m

スポンサーリンク
タグ(大)