【感想(ネタバレ有)・ストーリー】検察側の罪人 上 作:雫井脩介

互いの正義を賭した二人の戦いの行方はー。

蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に時効事件の重要参考人・松倉の名前を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。

最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。

正義のあり方を根本から問う雫井ミステリー最高傑作!

以下、ネタバレ含みます。

「検察側の罪人 上」のざっくりストーリー解説(ネタバレ含)

新司法試験を突破して、研修中の沖野啓一郎

指導係を担当していたのが、人望も実力も備えた検事・最上毅だった。

沖野は数年間のキャリアを積んだ後、移動して最上と同じ部署に配属となった。

物語は静かに動き出していた。

同じ部署になって最上から最初に振られてた仕事は諏訪部という男の証拠証言を取ることだった。

しかし一筋縄ではないこの男から証言を取ることは出来なかった。

その結果を伝えても最上が呆れるようなことはなかった。

沖野は最上の人柄に改めて敬意を覚えたし、さらに検事としての仕事を頑張ろうと思えた。

さらに数日後、蒲田で老夫婦が刺殺される事件が発生する。

沖野は最上に伴われ現場に向かう。

被害者は旦那も奥さんも包丁で刺されて死んでいた。

凶器は現場に無く、物的証拠も残されていなかった。

被害者の旦那の方はギャンブル仲間にお金を貸していて、金銭の貸し借りのトラブルから殺されたと考えられた。

悲劇ではあるが、ありきたりな犯行理由から犯人の検挙自体は時間がかからないだろうと思われた。

物語は動くのはここからだ。

最上たちは容疑者の中に「松倉重夫」の名前を見つける。

松倉は23年前に一人の少女を殺した最有力容疑者とされながらも起訴に至らなかったその男だった。

松倉が殺したとされる少女は久住由美

最上が学生時代の時に下宿していたアパートの大家の娘だった。

最上はその久住由美とは親交があり彼女が死んだ当時はひどく自分の無力感に苛まれていた。

その容疑者が自分の前に現れて、最上はドンドン持ち前の冷静さを失っていく。

老夫婦刺殺事件の犯人を松倉として、殺人犯として法廷に立たせるため最上と警察は松倉を厳しく追求する。

当初、松倉=犯人説に否定的だった沖野も、最上や警察の考えに同調することになる。

追求の末、松倉の嘘が発覚する。

その一点から、過去の事件の犯人が自分だと自白する松倉。

しかし、その事件は時効を迎えていた。

松倉の自宅を家宅捜索するも、刺殺事件に関する物的証拠は見つからない。

さらに最上は事件当日の松倉の行動を証明できるレシートを見つけるがこれを意図的に回収する。

どうにかして、松倉を殺人犯としたい気持ちが暴走し始める最上。

一方で沖野は最上の期待を裏切らないようにと自分の理想とは程遠い、罵倒をひたすらに松倉に浴びせていた。

それでも口を割らない松倉に沖野は違和感を覚えずにはいられなかった。

松倉に対する進展がない中、弓岡嗣郎(借金した記録はないが被害者と繋がりがあったとされる人物)の目撃情報と弓岡が話した事件に関する情報が警察に入る。

弓岡が話していた内容は事件の内容に完全に一致していた。

それらの内容なから最上も警察も、無念ながら刺殺事件の犯人は弓岡であろうと察していた。

最上も諦めかけていた。

しかし、最上は友人の自殺をきっかけに道を踏みはずす決意を固めてしまう。

最上は運び屋である諏訪部から銃を調達する。

そして弓岡と連絡を取り密かに東京から逃がす。

そして・・・

下巻に続く

続刊「検察側の罪人 下」の感想ページはこちら!!

「検察側の罪人 上」を読みを終えた感想

最上が執拗に殺人犯として法廷に立たせようとしている松倉は確かに許せない存在です。

しかし、松倉に罰を与えようとする最上が罪を犯してしまうジレンマ。

罪を明らかにする検事が罪を働く。

事件の結末、最上の末路が気になります!

それでは失礼しますm(__)m

スポンサーリンク
タグ(大)