【感想・レビュー】天国までの49日間 作:櫻井千姫

スポンサーリンク
タグ(大)

【天国までの49日間】の感想・レビュー

■あらすじ

14歳の折原安音(おりはらあんね)は、クラスメイトからのいじめを苦に飛び降り自殺を図る。

自殺した安音の前に金髪の天使が現れて、「天国に行くか、地獄に行くか」を49日間の間に考えろと言われる。

死後の世界で安音の姿が視える同級生がいた。

榊洋人(さかきひろと)。霊感を持つ彼と49日間の生活が始まる。

安音は自殺してから色々な事に気付く。

家族からの愛情、なぜ一人を嫌がる気持ちを持っているのか、生きるために必要なもの。

安音の心が落ち着く間もなく、事件は起こる。

謎の怪現象の被害に合う元クラスメイト達。

果たしてその理由は?

安音が最後に選ぶのは天国か、地獄か。

■感想・レビュー

「よくある少女の自殺物」かなと読んでいました。

自殺する子にしては気の強い設定。

幽霊の視える同級生。

自殺後の後悔などわりと既視感のある展開で、どうかなと読み進めていました。

中盤少しめちゃくちゃな展開だと思いましたが、ラストのシーンでネガティブな感情は無くなりました。

こういう題材はいつも読者に思考の機会を与えてくれます。

「いじめの解決策」

「子どもと大人の温度差」

「落とし所」

「責任の所在」

作中のどの登場人物にも100%の同感を得ることが出来ないのは「いじめ」という問題の難しいさからだと思います。

いじめをしていた側のクラスメイト達を許した安音、「自業自得」という言葉を多様した榊。

後悔するいじめていた側、安音の家族、学校側。

作中の様々な立場からの意見にリアリティを感じました。

そして、それに対しての作者様の一つの意見も作中に示されていました。

「許すこと」

それに対して僕も同意する気持ちは大きかったです。

しかし、それだけでもダメなんだろうなとも感じました。

■オススメ度

★★☆☆☆

■こんな人は読んでみて!!

・「死んでから大事なものに気付く」系から変化が欲しい方

・「運命の出会い」を読みたい方

・スターツ文庫が好きな方

スポンサーリンク
タグ(大)
タグ(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする