【感想・レビュー】スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 想いを伝えるシチュー 作:友井羊

スポンサーリンク
タグ(大)

【スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 想いを伝えるシチュー】の感想・レビュー

■あらすじ

主人公のOL・奥谷理恵シェフ・麻野の日替わりスープが評判のスープ屋「しずく」に通い始めて1年程が経過した。

本作も「しずく」を通じて知り合った人々の謎に巻き込まれる。

結婚寸前で式が延期になったカップル。

既婚者である兄の謎の行動。

変色したジャガイモの謎。

父の家出の理由。

スープが「おいしくなった」ワケ。

スープと謎を絡ませながら進む5篇のストーリー。

■感想・レビュー

人気のお料理ミステリーシリーズの第三弾!

本作も読んでいると無性にスープとパンが食べたくなる「飯テロ」小説となっています!

さらに本作では理恵の麻野に対する恋愛感情をハッキリと前に出した作品となっていました。

亡き妻と娘の露を愛する麻野の気持ちを理解しているだけに、麻野に対する恋愛感情を抑え気味だった理恵がほんの少し、一歩前に進む勇気を描いていました。

題材にいている「スープ」のように、じっくり焦らずに展開される大人の恋愛はとても雰囲気が良かったです。

■オススメ度

★★☆☆

■こんな人は読んでみて!!

・「大人の恋愛」ものが読みたい方

・「飯テロ」小説が読みたい方

・人が不幸にならないミステリが読みたい方